たけしの家庭の医学。サブスタンスP 日本人の死因第3位に浮上してきた肺炎。中でも急増しているのが「飲み込み力」の低下で引き起こされる『誤嚥性肺炎』。『誤嚥性肺炎』から身を守る「飲み込み力」アップ物質を解説!「飲み込み力」アップ物質を増やす“食材”もご紹介!
たけしの家庭の医学。サブスタンスP飲み込み力を上げ肺炎を防ぐサブスタンスP

たけしの家庭の医学。サブスタンスP


喉に引っかかる違和感があったらサブスタンスPが少ない可能性があります。

それにより喉頭蓋の動きが鈍くなり誤嚥が増え誤嚥性肺炎を引き起こす

黒胡椒、カプサイシン(唐辛子などの辛味成分)を1日摂取するとサブスタンスPが増え

脳への伝達物質が増え誤嚥防ぐ事ができるのです。

唐辛子、黒胡椒を食べカプサイシンを1日4.5μ摂取で 活性化→サブスタンスPが増え→脳の伝達物質が増える→飲み込み力が上がり

誤嚥がなくなり肺炎を防ぐ事ができる。

■検証
75歳女性脳梗塞を発症している原田さん

喉頭蓋の動きが鈍く誤嚥を引き起こしていました

5日間、唐辛子、黒胡椒を食べカプサイシンを摂取した結果

見事、飲み込み力が上がり健康な体になりました。

韓国食は、いいですねぇ。 胃腸への刺激がある方は、ほどほどの量を! 「たけしの家庭の医学」 喉に何かが引っかかる感じになったら

カプサイシンを摂取してください。

こちらもオススメ↓
黒しょうがと生酵素のパワー【スマート黒しょうが+生酵素】

たけしの家庭の医学。長寿の秘密

現在、香港が長寿世界一

なんと、香港人高齢者のある部分が多くあることが長寿の秘密

人口:約700万人

香港のワンチャイという所は最も長寿が多い地域

しかしここは少ない地域なのに高層ビルが立ち並び人口の密集度合いが凄い所

では、なぜ最も長寿が多いのでしょうか?

そこで、健康チェックすると

血管年齢テスト、片足立ちテスト、などすると極めて若くなっていたのが

血管年齢

香港の平均年齢67歳、6割の人が実年齢より血管年齢が若いことが判明

60歳の37.6%の人の血圧の高さが低い

長寿の若さとは・・・血管を若く保つ事が若さを保つ秘訣

★血管を老けさせない5つの秘訣

1:太極拳・・・ゆっくり体を動かす事で血流を良くし血管を若く保つことができる
  筋肉に少しの負荷を掛けると血糖値の上昇を抑える
  ※日本では階段の昇り降りや買い物で歩く

2:冷たいものは飲まない熱いお茶を飲む・・・プーアール茶を飲んでいる
  ※冷たい飲み物を飲むと交感神経刺激し血圧をあげてしまうとのこと

3:運動のあとの肉(タンパク質)を積極的に食べる

4:ナッツ類をよく食べる・・・ナッツには不飽和脂肪酸が多く含まれ血管老化を防ぐという

5:生姜、陳皮など漢方食材をよく食べる・・・ミネラルを多く含まれる物を食べる事で血圧を下げる
  陳皮・・・フルーツの革などの乾燥させたもの

こちらもオススメ↓
黒しょうがと生酵素のパワー【スマート黒しょうが+生酵素】