のれんの色の意味。のれんに虫よけ効果…日本人の知恵がスゴイ!2017年8月29日放送の「この差って何ですか?」では、のれんの色の差が紹介され ます。 なんでも、のれんの色は職業で別れているようですが、どんな色がどの職種 なのでしょうか?のれんの色の意味。 また、のれんといっても藍色・茶色・白色色々な形がありますがのれんの色の意味。藍色・茶色・白色のれんの色の意味。藍色・茶色・白色

のれんの色の本来の意味

現在、様々な色でデザインされたのれんが有りますが、ずっと昔をたどるとその色自体には意味はありませんでした。

白色のれん


昔この白色ののれんを使っていたお店は菓子や食べ物や薬屋が使っていました。

その色が選ばれた理由は、”砂糖”に関係が!

当時、白砂糖が高級品とされ、白の和三盆を使った菓子が一つの基準にでした。砂糖は薬にも使われていたため薬を売っていたお店にも

好まれていたんです。

他の食べ物も同じく品質の良さを証明していたとされています。

コチラ↓オススメです!


紺・藍色のれん


藍色を使用していたお店は”商屋”です。

その理由は当時、藍色ののれんは大量生産できる素材ですぐ手軽に手に入るものででした。

真面目な商売を営んでいた”商屋”はこの色を好み誠実さや信頼などの印象で使用していました。

※酒造業や呉服商も藍色が好んで使っていましたが藍の香りに虫除け効果あることから使われていました。

茶色のれん


茶色のれんは元々”たばこ商””種苗商”が主に使っていました。

柿色のれん


当時は赤みがかった茶色で花街に※大夫(たゆう)がいる店、高級料亭でしか使うことが許されなかった色です。

※大夫(たゆう)とは・・・
もと中国古代の官位名。その後広く有位高官の者をいった。日本では,律令制下,中宮職,春宮 (とうぐう) 職,その他の各職の長官名をいい,「だいぶ」と呼んだ。また一位以下,五位以上の有位者を総じて大夫といったが,のち五位だけに用い,「たいふ」「たゆう」と呼んだ。
①浄瑠璃の語り手の称。三味線引きにもいう。義太夫・嘉太夫などと芸名に添えても用いる。
③歌舞伎で,女方の敬称。
④江戸吉原など官許の遊郭で,最高位の遊女の称。明和(1764~1772)以降消滅。

コチラ↓オススメです!