足の指などの関節が赤く腫れ、激痛が走る痛風。患者数は全国で約100万といわれる。

激痛は、血液中の過剰な尿酸が関節で結晶化し剥がれ落ちる時に起きる。

薬をのみ続けて尿酸値を6.0mg/dl以下に保つのが治療の基本。

30代から要注意!痛風の新常識

「プリン体の多いビール・魚卵を避ける」だけでない、痛風の治療と予防の新常識が明らかに!

痛風は怖いんで予防できるならやったほうがいいよ。

チョイス@。痛風の新常識

講師
東京女子医科大学附属膠原病リウマチ痛風センター教授…谷口敦夫

痛風は突如、激痛に襲われる病気。

痛風は痛みをやり過ごせば良いものではない。

痛風てどんな病気?

30歳半ばに突然だんだん足が痛くなって来る。

血液中の尿酸を腎臓が排泄するが尿酸の排泄がうまくいかなくなると結晶ができ

その尿酸の結晶が血液に流れ込み関節の中に溜まりこみ

白血球がこの尿酸を攻撃し痛みが生まれる。

尿酸値は女性よりも男性の方が高い

尿酸値が高いと他の病気の可能性もある。

痛風で薬をのみ続けて尿酸値を6.0mg/dl以下にしないと腎臓の機能が低下し

尿酸値が高いと腎臓の機能が低下し動脈硬化に繋がる。

尿酸の結晶を無くすのに薬で数年掛かる

痛風の新常識

プリン体が尿酸を作る材料

※プリン体の一日の摂取量は一日400ミリグラム
プリン体を多く含む食材

※ 肉、ビール、たらの白子50グラム、豚鳥牛レバー

カツオの刺し身、アジの干物、カキ、鮭、鳥ささみ

※果糖

※アルコール

プリン体は水によく溶ける。

野菜を多めの食生活にすること。

※ビール350ミリと鶏肉98グラムでは

焼き鳥の肉のほうがプリン体が多い

食材を茹でることでプリン体を流すことがオススメ

痛風の発作を無くす方法

減量⇨自分の体重を減らす⇨尿酸値が下がる⇨発作がなくなる

肥満だとインスリンの関係で尿酸値が高くなる為痩せたほうが

尿酸値が下がり発作がなくなる

尿酸値を下げる対策

プリン体の摂取量を下げる食生活と

有酸素運動などをして減量をして太らないこと

薬を飲み続ける事によって尿酸を下げる

いやー痛風ってプリンタを含む食べ物の食べ過ぎと太り過ぎで

なりやすくなるんですね。

まとめ

つまり、プリン体を含む食材をあまり食べ無いこと、含む食材でもプリン体は水に溶けやすいので

煮物にするなどプリン体を水に流し太りすぎに注意すれば痛風になりにくくすることができるんですね。