今回のチョイス@病気になったとき中高年になると、五十肩「つまずく」「腕を伸ばす」などのちょっとした動作がきっかけで、大けがにつながりがち。
けがの予防や、早く五十肩を予防と回復するためのトレーニングを紹介。
チョイス@病気になったとき五十肩チョイス@病気になったとき五十肩

チョイス@若返りトレーニング2弾

転落・・・大怪我の原因
転倒・・・大怪我の原因
接触・・・火、仏壇の蝋燭の火

主婦の女性・吉川 順子さんの例


荷物を持って階段を降りていた時足を捻り点灯してしまった

病院の検査では外果剥離骨折つまり、くるぶし辺りの骨が剥がれたしまった。

早く歩きたいと理学療法を受けることに

足指トレーニング
尻横トレーニング
お尻のトレーニング

を行うそして2ヶ月後骨はこっつくも腱や筋肉は固くなっている

かかとをあげてアキレス腱を伸ばす

つま先で立って階段を登るトレーニングを行う

筋肉を動かさないと筋肉のリストラが起きてしまう。

肩こり・疲れ・冷えの悩みに特化したサプリメント【なごみ美人】

予防に必要な3つの力

筋力

バランス力

瞬発力・・・歳をおうごとに衰えてくる

この3つを同時に鍛えるトレーニングとは?

片足でまず立ち次に浮いた方の足を前後に大きく振るというトレーニング

肩こり・疲れ・冷えの悩みに特化したサプリメント【なごみ美人】

急に動かした肩に痛みが

外旋筋腱板とは肩を支えている4つの筋肉。

右肩腱板損傷を引き起こしてしまった順子さん

姿勢が悪いと筋膜がねじれてしまい体が歪んでしまうです

健康でいられることは当たり前のことでは無いことを思い知ったそうです。

五十肩とは肩関節腱板損傷のこと肩は大きく動かさないとどんどん

動かなくなる

そこでトレーニング

つなげた輪ゴムをお尻に回したゴムを掴んで肩の方へ角度は30度で軽く早く上げること

※トレーニングを始める時はかかりつけの医師に相談してください
肩こり、疲れがひどい方はこちら↓
肩こり・疲れ・冷えの悩みに特化したサプリメント【なごみ美人】