ハートネットtv。境界性パーソナリティ障害 芸能人

ハートネットtv。境界性パーソナリティ障害

境界性パーソナリティ障害とは

症状は青年期または成人初期から多く生じ30代頃には軽減してくる傾向がある。

自傷行動、自殺、薬物乱用リスクの高いグループで治療は精神療法(心理療法)を主とし

薬物療法は補助的に位置づけられ副作用と薬物乱用に注意し慎重に用いられる必要がある。

境界性パーソナリティ障害の芸能人


太宰治

人間失格などの作者で、太宰治はとても人気のある作家さんではありますが、境界性人格障害であったのではないかと言われています。その理由は、自殺行為を繰り返していたというところにあります。

さらに、境界性人格障害の大きな特徴である「見捨てられた」という気持ちが大きく、激しく落ち込んだこともあるというのです。そして、アルコール依存症であったり、精神病院に入院した経験でもあるのです。このことから太宰治は境界性人格障害であったのではないかと言われています。

このほか、有名な人では、ヒトラーやマリリンモンローも境界性人格障害であったのではないかと言われています。なくなられている人なので実際のところはわかりませんが、可能性が高いと言われています。

芸能人にもいらっしゃいます。尾崎豊さん、飯島愛さんなどがそうだったといわれています。どちらも印象に残っている方で、自殺でなくなっていることやアルコール依存やセックス依存といったことがあったので境界性人格障害であったとされています。

境界性人格障害を煩っていきることはとても辛いことでしょう。ましてや芸能人・有名人となってくると苦労も絶えず、自分のことでいっぱいいっぱいになっている状態でもファンのことを考えなくてはいけなかったりと大変苦労されてきたことは間違いないでしょう。

境界性人格障害は治療すれば必ずよくなっていきます。治療できる環境を整え治療をしていくようにしましょう。