人生は潜在意識が決めているって言われても、そんなことないだろって

思いますよね。

でも、ほとんどの人は自分の意のままに行動して

自分の意志で生きてると思っていませんか?

人生は潜在意識が決めている?

人生は潜在意識が決めている?

潜在意識とは?

人には二つの意識が存在していて一つ目が顕在意識(意識)、二つ目が潜在意識(無意識)の

二つが存在しています。

顕在意識(意識)とは五感を通して今、頭にあるもの。

例えるとペンを握って字を書くことや人と会話することなどは意識してするものでる。

 

潜在意識(無意識)とは体や脳が勝手にしていること。

例えると心臓は勝手に動いたり汗は無意識に出て自分の意識ではコントロールできない、目の瞬き

は勝手にしている無意識に出て来る言葉も顕在意識(無意識)の正体である。
この顕在意識と潜在意識が脳内で働いている割合は顕在意識5%、潜在意識は95%と科学的にも

証明されていて氷山によく例えられていて氷山の一角は顕在意識(意識)で5%で残りの95%の海の

中に隠れてていると例えられている。

なので、人生で生きていく上で95%がこの潜在意識によって操作されていると言っても過言でない。
つまり、潜在意識(無意識)が何をやっているかで人生が決まっていてこの潜在意識(無意識)を

どのように使うかで人生も変えられるし変わってしまう、逆に言うといくら意識で人生を変えたい

目標を達成したいと頑張っていたとしても夢やゴールに対して潜在意識(無意識)が敵になっている

ので無意識を味方につけて行かないと成功はできないと言ってもいいかもしれない。

人生は潜在意識が決めている?

では、どのようにしたらこの潜在意識(無意識)を自分の思い通りに操作して自分の人生を理想に

近づけるようにできるのか。

まず、潜在意識(無意識)には恒常性維持機能(ホメオスタシス)という機能があるこの機能は

よくエアコンに例えられて自分を常に守ろうと今まで生きてきた快適な温度、人間関係、貯金額

車、味、食事の量、睡眠時間、金銭感覚など、これ以下は嫌だこれ以上は嫌だとある一定の快適

な感覚で生きることを無意識にさせてくる存在がいる事を知らないことには始まらない。
この恒常性維持機能(ホメオスタシス)は自分が今まで快適に生きられたこと以外はさせないように

してきて何か新しいことをしたり貯金額が今まで以上増えたり収入が生きてきた中で体験したことが

無いくらい多くなったり、体重が今までと少し痩せてしまったなど感じたときに今まで快適に生き

られた感覚に戻ろうとしてきて夢やゴール今まで感じたことのない領域まで達成したいと望んだと

しても元に戻ってしまうのだ。

つまり、常に現状維持をさせてくる!!

人生は潜在意識が決めている?

では、どうすれば潜在意識(無意識)や恒常性維持機能(ホメオスタシス)を自分の進みたい方向に

味方につけることができるのかを探ってい行きたいと思います。

方法1:現状維持機能(ホメオスタシス)を逆手に取って見方にさせる。

これはどういうことかというと快適を現状維持させてくる事を逆手に取ってあたかも自分が

今の快適な生活が目標側の生活をしていると現状維持機能を騙すことで目標側の快適が普通

になりそれを現状維持させてうまく見方につける方法である。

具体的には既に自分の進みたい日を達成している人と常に過ごし感覚をずらす、脳は現実と

夢の区別が解からなく高級な車に試乗する、銀行の通帳に桁違いな金額を書いてみる、毎日

発する言葉を偉人の言葉にしてみるなど自分の普通を目標側にずらすことが現状維持機能を

も方につける方法である。