ドクターGが経験した症例に研修医たちが挑む病名推理番組。患者は、妻に先立たれ、中学生の娘と二人で暮らす50歳の男性。仕事中に突然倒れ、ろれつが回らなくなった。男性は、娘の夢を応援したいと、会社員の仕事のほかに土日にコンビニでアルバイトを始めた。その矢先…。突然、半身が動かず、ろれつが回らなくなった男性。一刻を争う状況に。男性の命を救うため、心臓外科医のドクターGが下した判断とは?
突然ろれつが回らなくなった男性。医師が下す結果突然ろれつが回らなくなった男性。医師が下す結果

ろれつが回らなくなった男性


娘が看護師になるために・・・コンビニで3ヶ月前からアルバイト

心臓外科医エキスパートの南淵明宏が下す

男性の症状

疣贅あり

血液の逆流がみられる

右手右足に軽度の脱力

自分の名前が言えない

心雑音あり

コンビニ店長は特に変な症状はみられなかったとの事

ろれつが回らなくなった男性の病名

感染症心内膜炎による脳梗塞

病名は・・・感染症心内膜炎

症状・・・発熱、疣贅

感染症心内膜炎とは・・・心臓が疣贅を起こし血液が逆流。心臓から逆流した細菌の塊が脳につまり脳梗塞を引き起こす

疣贅とは・・・細菌の塊

医師どう治療する?

患者は脳梗塞を引き起こしている

感染症心内膜炎

先に治療すべき所は心臓?脳?

脳梗塞は時間が経つと言語障害、麻痺が起きるが

脳の為にも心臓を最優先に治療すべき。

弁置換手術を行う・・・心臓をどう切る?

患者へのダメージの軽減を考え右心房から開いて心房中隔を経て左心房を開く

心臓はカリウムが2倍になると動きが止まる時間は2時間

人工心肺を行うリスクは?

ヘパリン・・・血液を固まらないようにする薬

ヘパリンで血液が固まらないようにするため患者に出血性の治療を何処かしていないか確かめる

生体弁?機械弁?

南淵明宏が下したのは生体弁・・・血液が固まらないようにする薬を飲まなくて済む

弁置換手術を確実に行う秘訣は・・・弁を糸で結ぶ場合に弁と弁を塞がないように歯医者が使う鏡を使う

手術は急がず丁寧に確実にやること

感想

このお父さん、もうダブルワークは無理だよなぁ…。命は何より大事だけど、失うものもあるのだよな

今回のドクターGでは弁置換手術がみられて満足。なかなかTVでは見られない感じ

片岡鶴太郎さん「急ぐということは丁寧にやるということ」

来週のドクターGも面白そうだから見逃さない。

相変わらず、ドラマは一本も見てないけど、ドクターGは大好き。