THEフィッシング。1700回記念。知床SP後半前回、北の怪魚オオカミウオを見事釣り上げた村越正海と児島玲子。実はオオカミウオを狙う最中、シマソイやウサギアイナメなど様々なオホーツク海ならではのゲスト達にも出合っていた!THEフィッシング。1700回記念。知床SP後半しかも釣れてくる場所が陸から近い!ということで、今回も世界自然遺産・知床半島からお届けします!これまで、日本各地を釣り歩いてきた村越正海のキャスティズムが北海道に初上陸!!「既存の常識にとらわれず、もっと自由に釣りを楽しむ」をテーマに村越が提唱してきたキャスティズム。THEフィッシング。1700回記念。知床SP後半

THEフィッシング。1700回記念。知床SP後半

前半はこちら

知床SP 村越 正海さんが挑む

キャスティズムIn世界遺産・知床

エゾメバル、コマイ、カレイと北の海ならではの魚達が投入するたびに釣れてくる。

知床の豊かな自然を堪能した村越。

胴付き仕掛けにてぶっこみ釣り深さ10メートル

投げて2分ですぐヒット!エゾメバル

そご後、入れ食い状態ウサギアイナメ、コマイがトリプルヒット

カレイもヒットするんですね~

巨大なアイナメがヒット

羅臼岳、知床峠、カムイワッカの滝もあって自然豊かですね~

日本最大級のカスタムパーツ品揃え!ヘッジホッグスタジオ



知床の三角岩で挑む

既存の常識にとらわれず、もっと自由に釣りを楽しむ」をテーマに村越が提唱してきたキャスティズム

ウトロ漁港婦人会にて昼ごはん

その後はキャスティズムの命がけで道なき道を突き進むも付いた先は崖・・・

投げ釣りでここを訪れる釣り人はいない。

まさに手つかずのフィールドだ。雄大な知床の自然を独り占めする何とも贅沢なひと時。

投げ竿片手に知床半島を駆け巡る。

未開のフィールドを開拓する正にキャスティズムの真骨頂!

行く先々で世界自然遺産の絶景も堪能。

次は海岸をつたって道なき道を歩みやっと見つけた潮の流れがあまり無いポイントを見つける

いざ、フィッシングスタート!

満潮になるとエゾメバルが次々とヒット!

トリプルヒットも!

村越 正海は投げ釣りの更なる発展に挑む!

マイクロフリップ、EZノッター、次世代オモリROCKなどユニークな釣具【Gear-Lab】